男性と女性

保険相談で的確なアドバイスがもらえる|頼れる存在

このエントリーをはてなブックマークに追加

変更することができる

レディ

定年を迎える方へ

定年を迎える方が保険見直しをするケースは多いです。子供たちが皆社会人になり死亡保障を減らしたり、逆にリスクが高くなるとみられる病気やガンなどに重点を置くなど考えられます。この定年の時期に保険見直しをしなかったため、いざという時に医療保障が手薄になってしまったという事もあります。まず養老保険などが満期を迎える事により、死亡保障もなくなってしまうというケースです。死亡保障は減らす方向で考えてみるのも良いでしょう。今現在健康ならば、新たに終身保障の医療保険に加入することも考えられます。同じように、終身保険の特約が、定年によって切れる場合にも終身保障の医療保険に加入する方法もありますので、色々と検討してみましょう。

ガンに備える

定年を迎えた方が、ずっと以前に契約したガン保険に加入しているならば、保険見直しを検討することをお勧めします。古いタイプのガン保険ですと、65歳以上になるとガン診断給付金が半額になったり、夫婦型の場合は奥様の保障が手薄になるケースが多いのです。また近年のガン治療は、化学療法など新しい通院治療なども増えています。様々な新しい治療を保障する契約内容のものも増えていますので、考えてみると良いでしょう。今は医療保険よりもガン保険の方が、受け入れが緩和されています。医療保険に加入できなかったという方でも、ガン保険には加入できたというケースが少なくないのです。契約される方の事情によって、保険見直しが違ってきますので、是非専門家の方に相談してみましょう。